オセアニア

ニュージーランド②/ネルソン

初日のうちにネルソン空港に着いた私は
タクシーで宿に向かいました。
ネルソン空港に着いたのは夜の22時前。

真夏だと思っていたニュージーランドは肌寒くて
タクシーのおしゃべりな運転手さんに
「夏なのにこんなに寒いとは思わなかった」というとお

「今年は特別寒いんだよ。こんなにいつも寒くないよ。
最近異常気象が続いてて、去年は干ばつだよ。
12月から2月まで1回も雨が降らなくてさ。
困ったんだよ」

そうなんや。世界的に異常気象なんだね。

暗闇の中に浮かぶネルソンの海はとても綺麗で
20分くらいの距離なのに時速60kmくらいで
ちんたら運転ドライバー。

標識はさ。80kmって書いてるけどな。
なおかつ誰も走ってないけどな。
わざとゆっくりだよな。
と思いつつ。

宿に着いたら着いたでメータ-をちゃっかり
加算してたけど。

最初だから許すw 疲れたし。

ネルソンはこちらでお世話になります。


お宿はBridge backpackerというバスターミナルの真ん前にあるところ。

清潔感溢れてて、キッチンが大きいのがいいな。
朝はワッフルを自分で焼けるように用意してくれています。

部屋にシャワートイレ付きで3500円くらい。

私のお部屋。シングルユース。

なかなか良いです。


今回の旅の前半を一緒に回ってくれるミカちゃん(仮名)
と共にネルソンの街でインド料理を食べる。
このインド料理屋さんはまだリーズナブルだったけれど
やはり噂通り外食はなかなかの値段がしているw

ネルソンの街はこじんまりとしていて牧歌的で
住みやすいだろうなあ。と感じる。


滞在中、たまたまNelson Marketという土曜日の朝限定の市があり
散策しに行きました。

なんて美味しそうなハーブたち!持って帰りたい!


スーパーに行っても食材がツヤツヤしていて
ああ、農業大国だなあ、と感じる。


どれも、これも買いたい!

ワインコーナーも、この写真に写っている2倍の面積の棚が全て
ワインで占められており
ワインが詳しくない私も狂喜乱舞しました。
何なんだ。このワイン愛は!どれだけスペースを取るんだ!
どんなにチョイスがあるんだ!

今から離島に早速移動するので自分が持てる範囲の2本と野菜を
購入してIntercityバスターミナルへ。


さて、Havelockという街へ移動開始!
NelsonからHavelockまで19NZD(約1,400円)でした。



本当に綺麗。。。。

さてHavelockに到着した私たちは、バス停から15分くらい歩いた
ところにある港に向かいます。

ムール貝が名産なので ゆるキャラもムール貝っぽい感じ。


港には続々と自分の船を置いているオーナーたちがやってきて
クルーズに出掛けていきます。ええなー。


ちなみに今から船に乗るのは
この旅の メインイベントの1つ。
「ニュージーランドで最高評価を受けている宿(ホステル)」に行くためです。

それがこちら!
「Hopewell Lodge 」

に行くため。

なんとニュージーランドで何年も1位を受賞しているのだとか。
Booking.comのスコア9.9を数年維持してるこの宿。

どんな宿やねん!見てみたいぞ!だったのですが
事前情報として
「遠い」「なんせ遠い」「めっちゃ遠い」
「行きにくい」

なんせ、なんせ、

行程を調べれば調べるほど

遠いわっ!!!!

と突っ込みたくなる距離。

havelockからボートで行くのですが、これまた
ボートの値段が高かったり、出発時間が合わなかったり(1日1便)
時間がある人でないとどうやってもいけないお宿。

行ってやろうじゃないの。
そこまでいいなら行きたいじゃないの。

このハートマークがあるのがネルソンなのですが、


なかなかの距離ですよねw

出発時刻より早めに着いてしまったのでマリーナにある
コーヒースタンドでカプチーノとマフィンをいただく。


おねーちゃん可愛い♪

バスで来ても乗り継ぎのボートの時間が悪くて乗れないため
行きはチャーター便にて。
なんと片道約7000円!(たっか!)

ちなみに後でわかったのですが大回りをすれば車でこの宿、来れたようです
(ミカちゃん調べ)チーンww

ぼーっと進むのですが 運転がなかなか激しくて


綺麗のぉ。。。。と
見ているも、

そろそろクソ寒いから着いておくれ・・・とギブアップしそうになったころに
つきました!


あの桟橋!


長かった・・・・移動だけで1日が終わった。。。。
Hopewellがどんなところか、それはまた次の投稿で….