中国

東チベットへ④/美人谷のダンパへ

いよいよ東チベットへ出発です!

ホステル横のバスターミナルではなく
茶店子バスターミナルへ移動して「丹巴(ダンパ)」へ移動します。


大混雑の茶店子バスターミナル。
大都市の成都ですし
なおかつこのあたりの主な交通手段はバスなので
毎日混んでいるそうです。チケットが売り切れている
場合は翌日回し・・・

今回はスケジュールがギチギチなので
東チベット倶楽部のトクさんに事前の
チケット手配をお願いしてました。


成都(茶店子)→ 丹巴  131元(約2500円) です

 


目的地まで約7時間(らしい)
途中、休憩があると思うけれど
腹ペコ大王としてはやっぱり 持ち込みを。。。

売店で買ったジャージャー麺的なもの。
具が微かにしかない、99%炭水化物w


今からバスに乗るんだけど、と言ったら
持ち帰りにしてくれた。

が。これって持ち帰りなのか?(雑いなw)
ちなみに味は

炭水化物でした。


そして、菓子パン。
あれば安心。なんとなくファミマを連想させる。


ハルカちゃんはホットドックと なんか。。。なんだこれ?味見させてもらったけど美味しかった気が

7時間の行程だ!ヤッホー!
快適なバスやん!

と思うも、

1時間経っても


成都www


2時間経っても、成都郊外w


ねえ、本当に目的地の赤ピンに着くの???

ちなみにトクさんが予約してくれたチケットは
一番前の席。めっちゃ景色がいい!

のだけど めっちゃ怖い……

結構な九十九折のカーブを
すごいスピードで進むのです。

日本でいうと「急カーブ危険!」
どころではない

ヘアピンカーブを
大型バスが
ものの見事に
日本では考えられないスピードで進みます。

怖い・・・・写真撮るにはいいけど
命が惜しい。

そして、気分悪い。。。酔い止め飲めばよかった。



綺麗!やっと平坦な大地!万歳!!!

と思って これから進む道を 地図を見たら

ごめん。私が馬鹿でした・・・・

もう地図は見ません。(てか、どうやって道を
作ったんだ。中国すごい)

結局、延々揺られて
7時間で着く、と聞いていたけれど
トクさん曰くの「うまくいったら夕方。
混んでたら夜」っていうコメント通り

バッチリ夜でした。
ちなみに地理的にはここです。

丹巴は四川省カンゼチベット族自治州にあります。
ギャロンチベット族が多くすみ、
四方を深い山に囲まれた街。


目的地の手前にある村を通過。

建物がとっても可愛い!

え・・・どうやってすれ違うの?
こっち大型バスですが・・・・


・・・・・すれ違いました。

本当に心臓に悪いです。中国の交通。

さあ、いよいよ目的地に…..


街に近づいてきました。
が、何、この岩岩した場所は。
(これ実は朝の写真。肉眼ではちゃんと見えたのですが
写真では全くなので朝のを載せてます)


すごいな。。。。峡谷が迫ってくるようだよ。

よくこんな険しい場所を開拓したなあ。。。。と感心してしまう。そして「峡谷」というものに対して今まで
図鑑や本の中だけの言葉だったものが、現実に迫ってくる怖さになった。

私たちの本日のお宿は

扎西卓康国际青年旅舍
三岔河南路35号 丹巴县章谷镇三岔河南路35号

夜ついて翌日早朝に出るので安いところを選びました。
なんと112元!(約2000円/ シングルルーム、シャワー付き!)

エレベーターがなくて3Fまで上がるのは死ぬかと思ったけど。。。
まあ、背に腹は変えれない。


(ホステルの窓から。こんなに山が近いなんて)

お腹が空きすぎた私たちは
ホステルの目の前にある、唯一空いていた食堂へ駆け込みました。


重慶料理のお店なのかな・・・
読める漢字を指します。

「麺」「麺」「麺」!

もう店じまい(他の店はとっくに閉めてる)
したかった店主に頼み込んで作ってもらった。ありがとう!


バスでは炭水化物ばっかりだったので
野菜もジェスチャーでお願いした。美味しい・・・・
生き返る・・・・


温かいご飯をいただける幸せ。ありがたいー

この日は二人とも、翌朝6時の甘孜(カンゼ)行きのバスに
乗るために早めに就寝することにしました。

チベットはバス移動ですが、どの都市の出発時間も
早朝6時か6時30分。
早いわ!!!!とクレーム言いたくなるけれど
夜だと山道は危ないから仕方ない。

東チベット、本当にバスの移動がこれからも
すごかったです。でもまだ整備されているので
昔のパッカー達はすごかったなあ・・・と。
うちらはまだ現代的なバスに乗れて
快適でした。(怖かったけど)

あ、美人谷と呼ばれているこの地ですが
美人は都会に出稼ぎに行ってました。

残念ww